ホームプレス 建物管理 ≫ 2018年4月

古い玄関ドアがよみがえる シート貼りで効率良く見栄え向上

オリバー建設

若月 英継

 

建物の外観は入居希望者の印象を左右します。しかし、外壁塗装をした物件でも玄関ドアについては、手が付けられていないケースが多く見られます。これは、ドアの素材によっては塗装が難しいことも理由の一つです。


アルミ製ドアの弱点

賃貸物件の玄関には、アルミ製ドアが多く用いられています。安価で腐食しにくいメリットがある一方、スチールの塗装と同じ工法では塗料が剥がれ易く、強溶剤を塗る等工程が増え作業時間がかかる為、入居者の立会いが必要な賃貸物件で全戸の塗装工事は日程調整の点で難しくなります。

 

シート貼りでデザイン性向上

そこでアルミ玄関ドアのリニューアルに、硬質塩ビシートの施工をご提案しております。これは、玄関ドアに下地処理をして木・石等の見栄えを精細に印刷したフィルムを貼る工法です。塗装と比べ短時間で施工できる為立会いの調整を事前に行いやすく入居中の玄関ドアでも多くの施工実績があります。外観デザインで差別化が図れる費用対効果が高いリニューアル方法です。

相模原・町田の空室保証・空室レスキュー
メールマガジン

オリバーに任せて頂きましたオーナー様の生の声をご紹介・ご案内しております。