ホームプレス オリバー通信1面 ≫ 2018年5月号

〔賃貸の繁忙期〕お陰様で前年比増

賃貸の繁忙期とは、年間で人口移動が最大となる4月に向かう1~3月迄の期間を言います。全国賃貸住宅新聞の繁忙期速報によると、全国の成約件数は対前年比で「横ばい」とする企業が41%と最も多く、次いで「増加」が38%となっています。

 

景況感の回復もあり全国的に成約数を維持している様です。また前年同様、来店のピークが前倒しになると共に、推薦入試等により早期に進学先が確定するケースが増加している為、11~12月の来店も増加しています。また、インターネットの物件情報の充実により見学したいお部屋を決めて来店され、申し込みに繋がるケースが増えています。 弊社でも11~12月の来店数が前年を上回り、2月にピークを迎えました(グラフ1)。

 

弊社は、事前に大学別特設サイトや大量の物件情報公開等インターネット集客対策に注力し、また各種キャンペーンを展開してお客様より注目いただき、昨年を上回る成約数を達成しております(表1)。来年は18歳人口の減少期突入により、更なる事前対策を準備して参ります。

相模原・町田の空室保証・空室レスキュー
メールマガジン

オリバーに任せて頂きましたオーナー様の生の声をご紹介・ご案内しております。