ホームプレス オリバー通信1面 ≫ 2018年10月号

特徴ある建物で土地を有効活用

オリバーグループでは、不動産の有効活用を目的に応じた活用手法でご提案しております。様々な用途の建物や設備で土地の収益化を図り、管理・運営も含め総合的なサポートを行っております。今回は、一般的なアパート・マンションと異なる建物での活用方法をご紹介します。

屋内ガレージ付き賃貸

新しい屋内ガレージ付き賃貸が町田市高ヶ坂に完成しました。株式会社クリーク・アンド・リバー社が建築家と創る賃貸住宅の新シリーズ「STAPLE HOUSE」(以下、ステープルハウス)の最大の特徴は、1階部分にミニバン程度の車が入る約23㎡の土間がある点です。単なる駐車場ではなく、家族で趣味が楽しめる空間になっています。


・ガレージ付き賃貸のメリット

このステープルハウスは、車やバイク、自転車を趣味に持つ入居者にとって圧倒的な差別化となります。また、オリジナル収納棚の造作や屋内壁の塗装等ができるDIY賃貸でもあり、入居者の好みのインテリアにできる為長期入居に繋がります。入居者のターゲットとして、趣味のある暮らしを優先する、ゆとりのあるカップルやファミリーに絞ることで、今回完成したガレージ付き賃貸は駅徒歩19分の立地で、賃料を相場より1~2万円高めの設定で募集しながら完成前に入居申し込みが入りました。

 

 

 

 

 

オリバーのウェルズ21

同じく1階部分にガレージ等の多目的スペースを持ち、2階部分を事務所や事業者の住居にできる建物「ウェルズ21」も、ターゲットを事業者に絞ることで駅から遠い土地や幹線道路沿い等一般的なアパート・マンションでは経営が難しい土地でも有効活用に繋がる建物としてご提案しております。

 

 

 

 

 

 

建物型トランクルーム

建物型トランクルームは、建物内を細かく仕切り、それを1部屋単位で収納スペースとして貸し出すサービスです。ビルインでは南町田と新百合ヶ丘で、新築した収納専用の建物では小田急相模原と八王子で展開中です。更に藤沢他数か所で新規オープンを進めております。この建物には、警備システム・防犯カメラ・入退室管理・空調・駐車場完備等、安全で快適にご利用いただけるサービスを構築し、利用者に選ばれています。オーナー様にとっては、水回り設備が不要で建築費や保守費用が住居ほど掛からない点もメリットです。
但し、屋内型トランクルームは都市計画法に基づき事業可能な地域は市内の1割程度に限られる為競合が現れにくく、これも経営上のメリットといえます。一方、市場規模は600億円を超え、更に成長が見込めます。

 

【お問合せ】

ガレージ付き賃貸  オリバーオーナー様ご相談窓口 042-786-1616

建物型トランクルーム  オリバー不動産活用部 042-756-2266

相模原・町田の空室保証・空室レスキュー
メールマガジン

オリバーに任せて頂きましたオーナー様の生の声をご紹介・ご案内しております。