ホームプレス ≫ その他 ≫ 2018年3月

今月の気になるキーワード

VR(ブイアール)

virtual reality の略で、日本語では仮想現実を意味します。これは、人の視覚や触覚を刺激することで、まるで本物であるかの様な環境を作り出す技術です。近年、ゴーグル内に投影された映像を見ることで、まるでそこにいるかの様に感じられるヘッドマウントディスプレイ(HMD)と呼ばれる機器が一般的な商品として出回るようになりました。高性能化したことで、医療訓練や設計段階での製品シミュレーション等でも活用されている技術です。不動産業界では、現地に行かずに物件を見学できるVR内見が注目されつつあります。現在、店舗に設置してあるVR機器で内見を疑似体験いただく事で、ご案内の効率化が目指されていますが、インターネットでお部屋探しが完結する時代には、現地内見を一部代替する可能性があります。

相模原・町田の空室保証・空室レスキュー
メールマガジン

オリバーに任せて頂きましたオーナー様の生の声をご紹介・ご案内しております。