ホームプレス ≫ その他 ≫ 2018年7月

平成29年度 住宅着工統計 貸家の着工数 3年ぶり減少

国交省発表の平成29年度住宅着工数は94.6万戸で、その内賃貸住宅は約41万戸・前年比4%減、東京都は約7.1万戸・前年比5.2%減、神奈川県は約3.1万戸・前年比1.7%減となりました。増加傾向にあった賃貸住宅の新築ですが、金融庁によるアパートローンの引き締め方針が発表され、金融機関の融資においてもアパート新築の収益性や事業計画に基づく審査を重視するようになった結果と言われています。

全国で民泊解禁 届出件数3,728件

6月15日、住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されました。これにより、一部地域でのみ認められてきた民泊が全国で可能になりました。民泊は、賃貸住宅の空き室を宿泊施設とする新たな活用方法として期待されています。民泊新法のもとで事業を行うには、行政への届出が必要になりますが、6月15日時点で3,728件と伸びておらず、複雑な届出手続きや年間宿泊上限日数が180日と制限されていたり、更に自治体の条例による制限の上乗せ等が民泊普及の課題になっていると言われています。

資金不要の不動産活用が好評

弊社で土地を借上げ収納用コンテナやコインパーキング設備を設置し管理・運営して売上げ地代をお支払いします。借地権等が発生しない一時使用貸しで土地を活かした収入が得られる手軽な活用方法です。また、ビル等の建物をお借りしてフロアを間仕切り、収納として管理・運営し賃料をお支払する建物型ストレージも新しい活用法としてご好評いただいております。

 

建物型ストレージ 続々オープン

新百合山手トランクルーム(43室)

 

【お問い合せ】

不動産活用部(レンタル収納)

042-756-2266

 

パーキング365(コインパーキング)

042-562-0365

 

相模原・町田の空室保証・空室レスキュー
メールマガジン

オリバーに任せて頂きましたオーナー様の生の声をご紹介・ご案内しております。